imageanan2017年2月8日号
あなたの不安解消BOOK
「恋愛、結婚、仕事、お金、社会のことまで、
みんなの不安を解消します!」

という特集のなかで
江原啓之さんが話されていたことが印象的でした。
 
かつて私も仕事に忙殺される日々で、
片道1時間の通勤時間が本当に辛かったです。

休みの日はくたくたで出かける元気もないし、
家事をするのがやっと。

何のために働いているのか
このまままでいいのか…と真剣に悩む事も多かったです。

仕事ばかりしてて出会いもないし、結婚できるのかしら…
と真剣に悩んでいたものですが、
仕事をやめてフ~っと一息ついたときに出会いがあったんですよね。
不思議なものです。

当時は仕事に対して前向きに考えられなかったけど、
「仕事のために生きるのではなく、生きるために仕事をする」
そう思うと、目的意識がはっきりして
辛い仕事でもぶれずにがんばれまる気がします

私の場合は、主人と過ごす老後の資産を増やすため、
一緒に旅行に行くためのお金が欲しいので働いてます。
 

・老後の資産を増やすため
・パートナーと旅行にでかけるため、
・結婚資金をためるため
・ローン返済のため、
・教育資金を貯めるため
・留学・進学のため
・技術を向上させるため
・正社員になるため

人それぞれの目的があるはず。

image

働き方にも知恵を使わなくてはならない時代、
必要で体力があるなら副業もひとつの手ですが、
現実的な将来設計がなければ
「なんのために働いてるんだろう…」と迷うことになります。

ただ「お金をためたいから」という理由のためだけに働いていると、
お金を貯めることがゴールになってしまうので、
「もっと欲しい!もっともっと」と考えてしまうでしょう。

そのお金をどう使いたいのか、
なんのために必要なのかという動機があってこそ生きてくるもの。
手段と目的をはっきりさせたほうがいいですよね。

お金が必要なら、なぜ必要なのか、
今の給料で足りないのか、
生活がぎりぎりなのか、
余暇を楽しむためなのか、
じゃあお金を使わず楽しむ方法はないのか?

そんなふうに悩みの根っこまで真剣に考えることが大事です。

不安と思えばネガティブでなことも、
幸せの価値観を自分で決めると思えばポジティブになる。

ようは自分の考えかた次第です(*^-^)
 
dマガジンを月額400円で購読してるんですが、
ananなんてほんとひさしぶりに読みました。

200誌以上の雑誌が自分の好きなときに、
PCモニター上でさくさく読めるなんて…すごい時代です。

雑誌にこだわらず、読みたい記事だけ読めるのも
dマガジンの良さだと思います。

ふと目に留まった記事が今の自分に必要で、
またはヒントとなってくれる事も大いにあります。

いろんな場所にアンテナをめぐらせて
より快適に生きるためのメッセージをゲットしたいものです。
 

最後までお読み頂きありがとうございました。

ゆかりん



あなたに「運とツキ」が訪れますように♪クリック ⇒




Twitterでこの記事へのコメントをお寄せくださると幸いです! ⇒